【マイクラ1.15.2】OptiFineの導入方法とおすすめの設定【軽量化】

OptiFine Article Thumbnail

対応バージョン

マイクラ OptiFine
1.15.2 1.15.2
1.14.4 1.14.4
1.14.3 1.14.3
1.14.2 1.14.2
1.14 1.14
1.13.2 1.13.2
1.13.1 1.13.1
1.13 1.13
1.12.2 1.12.2

OptiFineとは

OptiFineは、マイクラ(マインクラフト)において、描画処理の方法を細かく設定可能にして、パフォーマンスの向上やリッチな表現方法を提供するシステムMODです。導入するだけでマイクラの処理を軽くし、対応する高解像度のリソースパックやシェーダーが利用可能になります。

OptiFineのMinecraft Forgeへの対応状況

OptiFineはバージョンによってはMinecraft Forgeと共存出来ないため、Minecraft Forgeをダウンロードする時は、OptiFineが対応しているバージョンのものをダウンロードするように気をつけましょう。

2020年6月現在、マイクラ 1.13系ではOptiFineとMinecraft Forgeの共存が不可能です。

OptiFine - Minecraft Forgeバージョン対応表
2020年6月更新
OptiFine Minecraft Forge
1.15.2_HD_U_G1_pre30 1.15.2-31.2.21
1.14.4_HD_U_F5 1.14.4-28.1.56
1.12.2_HD_U_F5 1.12.2-14.23.5.2847

OptiFineのインストール

OptiFineの導入方法は主に2つあり、「バニラに直接導入する方法」と、「Minecraft Forgeと共存させる方法」があります。

※ マイクラにMODが入っていない初期状態のこと。

OptiFineの公式ダウンロードページへ行き、バージョン名の右にある「Download」をクリックしてダウンロードします。

マイクラ 1.15.2対応の最新版をダウンロードしたい場合は、ページ上部にある「Preview versions」をクリックすると、その一覧が展開されます。

バニラに直接導入する方法

0. マイクラを一度起動する

OptiFineをバニラのマイクラに直接インストールする場合、OptiFineは対象となるバージョンのマイクラのファイルを複製し、変更を加えます。インストールしたいバージョンのマイクラを一度起動して、元になるマイクラのファイルをダウンロードする必要があります。

一度も起動したことがない場合は、ランチャーからダウンロードしたOptiFineのバージョンに合うバージョンのマイクラを起動して、一旦終了します。

1. インストーラーを起動する

ダウンロードフォルダから、「(preview_)OptiFine_バージョン番号.jar」をクリックして起動します。

Macで「発行元が未確認」と出た場合は、システム環境設定のセキュリティとプライバシーからjarファイルの右にある「このまま開く」をクリックしてから、起動して下さい。

また、jarファイルにjavaが関連付けられていない場合は、Windowsの方は、右クリックして「プログラムから開く」からjavaを選択します。MacやLinuxの方は、コマンドラインから「java -jar ファイル名」とすると起動できます。

2. インストールする

Installを押すと、インストールが実行されます。

Minecraft Forgeと共存させる方法

インストールしたMinecraft Forgeのゲームディレクトリ(デフォルトでは.minecraft)の下にある「mods」フォルダに、ダウンロードしたOptiFineのjarファイルを移動すればインストール完了です。

Optifineの起動確認

マイクラのランチャーからOptifineの起動構成を選択し起動します。

Optifine Start Page

「ビデオ設定」を開き、上図のように左下にOptifineのバージョンが表示されれば導入成功です。

マイクラ内での軽量化設定

お持ちのPCのスペックが高くて画質を高く保ちたい方は、パフォーマンスの設定のみ設定しましょう。マイクラを起動して設定画面を開いて以下の項目を設定します。

ビデオ設定

「グラフィックス」を処理優先「スムースライティング」をオフ「スムースライティングの程度」をオフにします。

「グラフィックス」は葉の透過、アイテムやMOBの影、ドロップアイテムの3D描写、雲の厚みなどを変更します。

「スムースライティング」は、ブロックの明るさをグラデーションのようになめらかに描画する機能です。オフにすると明るさをブロック毎に計算します。

「スムースライティングの程度」は、ブロックに落ちる影の濃さを設定します。オフに設定すると影自体を無効にします。

パフォーマンスの設定

「FPS安定化処理」をオン「描画の最適化」をオン「計算の最適化」をオンにします。これらの機能はデバイスの機能を使った処理の最適化を行います。

さらに軽くするには

上記の設定でまだ処理が重い場合は、ビデオ設定の描画距離を短くしましょう。また、アニメーションの設定で不要なアニメーションをオフにすることでも処理を軽くすることができます。

参考文献

最新記事

人気記事